ssdd2020_gst_3.jpg
ssdd2020_gstnm_4.png
ssdd2020_gstlg_4.png
ssdd2020_gstlg_5.png
ssdd2020_gstlg_6.png

東京都葛飾区出身。攻撃的かつパワフルな滑りの中でも独自のスタイルを表現し、スケートボードの不確定な価値観の上を絶妙なバランスで渡り歩くプロスケーター。仲間と楽しく汗を流すスケートボード、己と向き合い自己表現としてのスケートボード、その両面を的確に体現するスタイルは、歳を重ねる毎に熟成され強度を増した輝きと強い自信に溢れている。また、多くのスケートイベントやAIRJAMなどで、スケーターの気持ちを代弁できる名MCとして、スクールにおいても、参加者に勇気をくれるコーチとして、多くの企業、イベンターからオファーを受けるスケート界のアイコン的存在でもある。

ssdd2020_gst_1.jpg
ssdd2020_gstnm_1.png
ssdd2020_gstlg_3.png
ssdd2020_gstlg_2.png
ssdd2020_gstlg_1.png

東京都杉並区出身。1995年ビデオプロダクション「FESN」を設立。極東最前線から斬新な映像作品を発表する。2008年に発表した《overground broadcasting》は、国内だけでなく世界各国で賞賛を得た代表作。1997年にはクロージングブランド「LIBE BRAND UNIVS.」を自身の活動拠点であり、ホームベースでもある中野に設立。現在は、スケートボードをオリジナル制作するFESNラボラトリーの運営や、オンラインTV番組「FESN.TV」で番組のパーソナリティーを務めるなど、その活動は多岐に渡る。

ssdd2020_gst_2.jpg
ssdd2020_gstnm_3.png

沖縄県出身。元プロスケートボーダー。
FESN “overground broadcasting”のパートが世界的に話題となり2012〜2015年の間Heroin skateboardsのプロライダーとして活躍。プロ引退後もインスタグラムを通して独自のスケートボード観を世界へ発信し続けている。

ssdd2020_gst_4.jpg
ssdd2020_gstnm_2.png

2000年スケートボードを始める。2007年関東、東北2大会連続優勝してDCからのサポートが決定。2008年初海外、NZツアー参加。2009年DCグローバルチームとアジアツアー(台湾、中国、東京)に参加、単身初渡米。2010年当時ヨーロッパを代表するフランスのスケートブランドclichéからインターナショナルサポートが決定し、DCフィリピンツアーに参加。2011年、日本のスケート専門誌『トランスワールドジャパン(以下TWSJ)』で初の表紙を獲得。2012年clichéフランスツアー、チャイナツアーに立て続けに参加、ヨーロッパ一のスケート誌『Kingpin Magazine』に日本人初の見開きに掲載される。2013年clichéの撮影でチャイナツアーやジャパンツアーに参加、フルレングスビデオの「Bon Voyage」のflowセクションでトリを飾り、TWSJで表紙獲得。2014年DCのアメリカ本社と契約の為再び渡米、Nixonからドキュメンタリー映像が公開、DCグローバルチームとアジアツアーに参加、米スケート誌見開き掲載。日本のスケート誌『ER magazine』の表紙を獲得。2015年TWSJ表紙&ロングインタビュー獲得、同TWSJ社別紙『skateboard A to Z』(how to専門誌)表紙獲得。2016年DC東京ツアーアテンド兼参加TWSJ表紙獲得。2017年adidas skateboardingと契約。Goproグローバルチームの東京ツアーにアテンド兼参加、adidas Japan team 映像作品「the splits」に出演。2018年怪我により休業するが2019年怪我から復帰、adidas japan team映像作品「3rd base」に出演。